2020.10.07

【私の韓国整形レポ】人よりも顔が大きい…。私が輪郭3点、脂肪吸引を決意した理由

#整形レポ

 

韓国整形体験談シリーズ、今回はソウルのクリニックで輪郭3点、脂肪吸引のレポートです!

 

輪郭3点・脂肪吸引をやろうと思ったきっかけ

小さい頃、友達と横に並んで撮った写真を見たとき、自分は人よりも顔がでかいと思うようになりました。

それからは、写真を撮ることもあまり好きではなくなり、顔を隠すように髪の毛は常にロングで下ろしたままでした。

本当はアップヘアにしたり、ショートにしたりしたいのにと、ずっと悩んでいました。

ある日、輪郭3点を行った方のYouTubeを見ました。

人生が変わったと言っているのを見て、輪郭3点をやることを考え始めました。

 

韓国整形しようと思った理由

私は、目や鼻の整形をしたことがありますが、すべて日本で行いました。

韓国の整形の鼻や目のデザインは好きでずっと興味を持っていましたが、異国の地で整形をすることに少し抵抗がありました。

勇気が出せず、日本で目と鼻の整形をしましたが、やはり日本はナチュラルな症例が多く、私自身の鼻もナチュラルなデザインになったため、しっかり鼻の高さを出してくれる韓国で再手術をしたいと考えています。

ずっとコンプレックスだった輪郭の骨削りも同様で、韓国のデザインのほうが、しっかり削ってくれるところが多いと感じていました。

また、輪郭の骨削りは今までした手術よりもはるかに危険な手術であり、また、費用もかかるものでした。

そのため、輪郭手術をすると決めてから一年ほど慎重に病院を選んでいました。

悩んだ結果、私は韓国の病院のみを候補にいれていました。

その理由は、日本は費用が高すぎること、韓国では日本よりも輪郭骨削りの実績が多いこと。

この2つが主な理由です。

そのため、異国の地で少し不安でしたが、勇気を出して、韓国で整形することに決めました。

 

韓国の病院の決め手

韓国での整形は、気軽に病院に行ってカウンセリングを受けることができないので、大変でしたが、

主にTwitterの整形アカウントをフォローし、レポートや症例写真を見て好みのデザインの病院を探しました。

見た中で、私は4件に絞り、病院にLINEでカウンセリングをしてもらいました。

その中でも、輪郭手術を得意とする先生がいること、また、LINEの返信が早く、自分の悩みを親身になって聞いてくれるRG整形外科に決めました。

また、私は骨だけではなく脂肪も多いことから、脂肪吸引も気になっていましたが、RG整形外科はキャンペーンで脂肪吸引も一緒にできるメニューがありました。

LINEで自分の写真を送ると、やはり脂肪吸引もした方が良いと言われ下記のメニューを提案いただきました。

ノーピン頬骨縮小術366万ウォン+頬骨の脂肪吸引147万ウォンをイベント価格で333万ウォンに、

長いエラ除去手術420万ウォン+フェイスラインの脂肪吸引147万ウォンを380万ウォンになりました。

私は当日のカウンセリングで実際顔を見ていただき、追加で頬骨をより効果的に小さくするために、

ピン固定30万ウォン、顎までエラを削るために100万ウォンをプラスするメニューに決めました。

全部で843万ウォンとかなり安いのも魅力でした。

 

病院の雰囲気

韓国ではじめて整形をするので、不安でいっぱいでしたが、とても親切に対応してくれました。

手術方法で悩んでいる私に何回も説明してくださり、納得して決めることができました。

また、何より通訳さんが優しく、手術前もずっと付き添ってくれて不安なことはないか聞いてくれました。

病院も清潔感があり、ここに決めてよかったと思っています。

 

当日の流れ

10:00 病院に到着、問診表を記入し待機

11:00 室長さんと手術方法の相談

12:00 院長と手術方法の最終確認

12:30 ベッドルームで待機

15:00 手術開始

19:00 手術終了し目覚める

20:00 看護師さんと通訳さんがホテルまで送ってくれる

 

手術後のダウンタイム

睡眠麻酔でおこなったため、比較的元気でしたが、ジーンするような痛み、また1日何も食べていなかったので、空腹でしんどかったです。

ホテルについたら、薬を飲むためにも持参した雑炊を少し食べました。

3日間は頭を高くして寝た方がいいとのこと、座りながら寝たため、ぐっすり眠れず、つらかったです。

 

手術翌日は体調が優れず、じっとしていました。

おかゆを食べずっと冷やしていましたが、夜にかけてどんどん腫れがひどくなりました。この日が一番しんどかったです。

 

私の場合、手術2日目に腫れがピークになり、その後は引いていきました。

内出血もひどかったため、顔が化け物のようになっていました。

3日目には外へ出かけお肉も小さく切って食べました。

一番つらかったのが、シャワーでした。

3日目にテーピングを外してもらったのですが、それまではシャワーをしてはいけません。

髪の毛に自分の血のにおいが染みつき、気持ち悪かったです。

3日目に病院の横にある美容院に通訳さんが予約してくださりました。

においもすごく、ばさばさの髪の毛をきれいに洗ってくださり、それだけで涙が出るほどうれしかったです。

韓国にいる間は腫れを引かすために、たくさん歩き買い物を楽しみました。

口は大きく開けることができませんが、4日目からは好きなものを食べていました。

また、韓国、特に江南地域は整形外科も多く、整形している人が多くいるせいか、まじまじと見られることもなく、

ひどい顔でも普通に出歩けます。

それが救いでした。

 

手術から8日目に日本へ帰国し、12日目にマスクをしながら、仕事復帰をしました。

 

大きな腫れは1ヶ月ほど続き、内出血は完全に消えるまで、3週間かかりました。

手術をしてよかったなと実感できたのは半年を過ぎたぐらいからでした。

それまでは小さな腫れやしびれが少しずつありました。

 

傷口にはいただいた塗り薬を塗り、圧迫バンドをしたり、温めたりを続けました。

 

事前にいろんなレポートを見て、6ヶ月感はダウンタイムが続くと書いてありましたが、

私が完全に腫れが引いたのは8ヶ月後でした。

腫れやすい体質であること、年齢も20代後半でやったため、治癒が遅かったのではと思っています。

 

韓国整形全体の感想

今はRG整形外科で輪郭3点と脂肪吸引をやって本当によかったと思っています。

顔も一回り小さくなり、ごつごつした感じもなくなりました。

友達にもきれいになったと言ってもらえました。

何より、自信がついたことが一番大きいです。

今までできなかったアップヘアもすることができ、メークやヘアアレンジも楽しんでいます。

正直、今までで一番大きな手術だったため、多くの不安がありましたし、整形してからもダウンタイム期間はすごくつらかったです。でも、それを乗り越えたからこそ、今は自信を持てています。

もっと早くにやっていればよかったなとも思っています。

RG整形外科さんにはとても感謝しています。

また、私は韓国には整形以外で何度も行ったことがあるので、整形以外はそれほど不安はなかったですが、初めての方は交通機関、買い物する場所があるかなど、あらかじめよく調べることが良いと思います。

 

ダウンタイム中は精神的にもつらいことが多いので、買い物やカフェなど癒やしが必要だと思います。

それだけでかなり救われました。

また、いざなにかあった時にすぐに対応していただく必要があるため、病院選びはとても大切です。

悩みを親身に聞いてくれる病院であることがとても重要です。

私は韓国で整形して良かったと思っていますし、韓国で鼻の再手術や脂肪移植など他の部位の整形も検討しています。

初めて韓国に行くことは不安が多いと思いますが、私は現地の人の優しさもすごく感じました。

事前によく調べていけば、韓国で整形することは、決して難しいことでも怖いことでもないと思いました。