2020.11.10

【インディバ徹底解説】脂肪吸引のアフターケア!インディバはいつからいつまで受ければ良い?日本と韓国でおすすめのインディバサロンも紹介


脂肪吸引後や整形手術後のアフターケアとしてよく用いられるインディバ!

特に脂肪吸引後はアフターケアが重要になり、術後日本に帰ってきてからインディバサロンを探す方が多くみられます。

今回はそんな整形後のアフターケアに欠かせないインディバについて徹底解析していきたいと思います。

 

関連商品

ついに日本初上陸。韓国美容皮膚科の施術をご自宅で。韓国発美顔器が限定発売開始。

 

インディバとは

インディバとは、高周波によって体内に熱を発生させる高周波機器。

熱を発生させるといっても温泉、サウナ、岩盤浴のような表面を温めるのではなく、体内の細胞を高周波によって移動させ、生じる摩擦熱(ジュール熱)で体の中を温めていきます。

体を温めることで、病気に対して抵抗力の向上や、内蔵機能の高まり、血行やリンパの流れが良くなります。

更にセルライトの除去やスリミング、 むくみ等に、効果が期待出来ます。

更にインディバはボディだけでなく、フェイスの細かい部位やヘッドまで、全身くまなくあてることが可能です。

 

インディバが整形後のアフターケアで使われる理由

術後、整形部位が腫れ、内出血やむくみといった症状がでたり、脂肪吸引の場合は脂肪を取ってしまった内部の隙間に、切れた血管から流れでた血液やリンパ液が溜まり、拘縮と言って、回復する過程で触ったときにしこりのようなものができてしまい、ひどい場合だと表面がぼこぼこしてしまう恐れがあります。

腫れや内出血、拘縮を改善するためにも、インディバでしっかり体内を温め、新陳代謝を促進させることにより免疫力もアップし、負担のかかった細胞や肌の回復を早めてくれるのです!

 

更に腫れや、拘縮の改善だけでなく傷跡のケアとしても使用されており、美容整形の傷跡だけでなく、開胸開腹手術などの傷跡ケアにも医療機関でもインディバ は使用されています。

 

クリニックのインディバとエステサロンで取り扱ってるインディバの違いは?

インディバはもともと医療用として作られてた機器なのでクリニック等で使用される医療用のインディバがあるのですが

エステサロンのインディバに比べ価格が高いことが多く、

エステサロンで受けるインディバはその分効果が低いのでは?とインディバについて調べたことがある方は疑問に思うと思います。

ですがこれに関しては機会の種類によっては医療用も、エステ用も出力が同じなので効果の差はほとんどないと考えてよいでしょう!

機会をかける人の医療的知識があるのかないのかの違いになってくるので術後すぐの腫れた状態で機会をあてるのが心配であれば

医療知識のある美容クリニック等でインディバをお受けさせることをオススメ致します。

また機会と合わせてマッサージを受けたい方や安さ重視でお探しであればエステサロンでお受けされるのもよいでしょう。

ある程度腫れが収まった状態であれば機会をかけるだけでなくハンドマッサージも拘縮の改善になるので

マッサージの技術を持ったエステサロンで機会と合わせてお受けされることをオススメ致します!

 

術後インディバはいつから始める?タイミングや回数を解説

アフターケアとしてインディバを始めるタイミングですが、

「術後一週間~10日後」くらいから始めるのが理想で、目安としては抜糸が終わってからすぐに始めるのがベストと言われています。

また受ける回数ですが、回復期間に個人差がありますが、少なくとも3回以上、10回程度は必要になってくると言われています。

アフターケアの場合は、一度に長時間を数回受けるのではなく、短時間でより多く回数を受ける方が効果的と言われています。

 

術後のアフターケアでインディバが効果的な手術

・脂肪吸引(フェイス、ボディ)

・豊胸手術(脂肪移植、シリコン)

・切開リフト

・骨切り手術

・プロテーゼ挿入

・切開後の傷跡

 

もう情報に惑わされたくない!という方は、多くの方の悩みを聞いてきた専門スタッフにお気軽にご相談ください!

 

インディバは必ず受けるべき?

術後のインディバは必ず受けなくてはいけないわけではないですが、脂肪吸引の場合は特に先ほどもご紹介した通り術後に拘縮という症状が現れ、人によっては拘縮がなくなるまでに、何年も時間がかかる場合があります。

場合によっては、ツッパリ感や表面がぼこぼこして見えてしまったりと、せっかく綺麗になるためにうけた脂肪吸引の結果が

、アフター管理不足で理想とは異なる結果になってしまってはもったいないため、積極的に受ける事をおすすめします。

 

日本、韓国で受けられるおすすめのインディバサロン

術後のアフターケアでインディバをお探しの方のために、日本と韓国で受けることが可能なおすすめのインディバサロンをご紹介します。

 

日本

★エスペランサ

http://www.indibasalon.com/

★アロマヒーリング

https://www.aromahealing.jp/

 

こちらの2つのサロンは名前が違いますが、どちらも姉妹店で都内地方を含め全部で9店舗あり、店舗によっては日本に数少ないスーパーバイザーといい、インディバ社公認の最高峰資格を持ったスタッフが在籍しているためインディバやマッサージの高い技術を受けることが可能。芸能人もお忍びで通うほどの人気サロン!

マッサージでしっかり流しつつインディバを受けれる上に、インディバの最新機器を導入しているため、術後のケアとして通う方も多いようです!

 

★KMK

https://mis-kmk.com/

こちらのサロンは脂肪吸引後のアフターケア専門でインディバを取り扱っているサロン。

他のサロンと異なる点が医療用のインディバの資格を持った看護師が施術し、少しお値段はかかりますが、医療知識を持った施術者が行ってくれるため、術後でも安心して受けれらます。

 

★TLCインディバ・ケアサロン

http://www.tlcbody.jp/indibacare/

こちらのサロンも名前の通り術後のケアをメインで行ってくれるサロンで、女性だけでなく、男性のお客さんも受け入れているため、エステサロンと聞くと男性は入りずらいイメージがありますが、男性の整形も増えている今、男性も通いやすいサロンがあるのはありがたいですね。

 

韓国

★ヨンセスリムライン

http://www.ysslimline.com/jp/

脂肪吸引で有名なヨンセスリムラインですが、インディバが完備されておりヨンセスリムラインで手術を行った場合、インディバのアフターケアがついてくるようです。他院で行った術後のケアも受け入れておりインディバだけ受けることも可能なのだとか。

韓国のダウンタイム中、いざという時に一つインディバを受けられるクリニックを知っているといいですね!

 

★トップライン

https://www.instagram.com/ap_topline/?hl=ja

★ドリームライン

http://www.dreamlineclinic.com/global/jp

 

こちらの2つのクリニックも脂肪吸引で人気のクリニックですが、どちらもこのクリニックで脂肪吸引を受けるとインディバでのアフター管理がついてくるようです!手術を行った病院がアフター管理までしっかりしてくれるのは安心ですし、無料で受けられるのはありがたいですね。

 

日本、韓国、どちらもインディバサロンをいくつかご紹介させて頂きましたが、韓国は日本のようにインディバだけを取り扱いケアしている(日本語が通じる)サロンは見つからず。

脂肪吸引とセットでインディバを受けることができるといった仕組みが多いようです。

インディバを取り扱っているクリニックでも、インディバのみを受けれるクリニックが少ない印象でした。

それに比べ日本はインディバを専門で取り扱っているエステサロンが多く、アフター管理専門店まであるので、韓国に長期滞在が難しく、韓国でアフター管理を受けることが難しい方は、近くの通いやすいサロンを見つけておくことをおすすめします。

LINEでコンシェルジュに無料相談できます。


LINEバナーLINEバナー


そんなカンナムドールが運営する美容整形後のアフターケアに特化した専門店『YEOSIN TIME』がこの度オープン!韓国老舗有名ブランドの圧迫着メーカー【C&C Medical】や、健康と美容を考えて作られた高級茶ブランド【延世本草堂】、アイシングなどアフターケアのグッズを多く扱う【DHmedicare】など日本初上陸のものばかり。韓国美容に興味のあるあなたなら一度は目にした商品も多いかも!?ぜひチェックしてみてください!

美容整形後アフターケア専門店へ進む