2022.01.05

【鼻整形】鼻の整形は何をすれば良い?韓国美容整形現役医師が解説!


韓国の美容整形外科ラレンクリニックのアルム先生が整形、施術の気になるアレコレを詳しく解説!!

今回は鼻フィラーについて。

整形で痛みやダウンタイムを気にされる人はこの鼻フィラーを選択することが多いですが

どんなことに気をつけなければいけないか?

また、鼻の手術を本気で悩む人はどの施術を選べばいいのか、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

 

合わせて読みたい

>>毛穴やたるみ・むくみが気になるあなたに。韓国美容皮膚科の施術をご自宅で。韓国発美顔器が限定発売。

>>少しでも快適なダウンタイムを。カンナムドールが運営する美容整形後のアフターケアに特化した専門店『YEOSIN TIME』をおすすめ商品を見てみる。

>>【完全版】脂肪吸引後の圧迫着は必要?おすすめ商品や部位別・悩み別の対策を解説

 

鼻フィラーは鼻手術の代わりになるか?

一言では難しいです。

ではなぜ、鼻フィラーをするのか?それはほとんどが鼻手術が怖いからです。

私も怖くて鼻フィラーを3回程したあとに、限界を感じたので鼻手術をしました。

鼻フィラー、エランセ、アテコール、ハイコ、ミスコ、ナビコ、ハヌルコ、エペリコなどなど・・・

鼻の施術をする時は、必ず後に鼻手術をすることを頭に入れて施術しないといけません。

なぜなら手術より形が綺麗になる、ということはないからです。

 

フィラーや糸などの他の施術が

鼻手術をマネできない理由

1.形がつくれない

鼻中隔延長手術をしなければ、鼻先の形を自然で綺麗な形にすることが難しいです。

鼻手術の相談を受けた方なら分かると思いますが、

シンプルに考えて「値段はこのくらいかな?」と思い、鼻手術の相談を受けに行ったのに

いきなり鼻中隔延長手術という言葉が出てきたら価格がグッと上がります。

これが鼻の骨です。

鼻の中間までが骨で先は軟骨です。

この鼻の中の軟骨部分の構造がはっきりしていて、少し大きくて丈夫なほど

鼻の形が綺麗です。

鼻が短くて低い方たちは、この軟骨の発達が不十分な場合が多いです。

単純な鼻手術ではなく鼻中隔延長手術をしてこそ、鼻先の軟骨の形が綺麗になり

まるで、元から鼻が綺麗な人のような鼻の形になります。

 

鼻筋にはシリコン、鼻先には耳の軟骨という方法が多いです。

しかし、この方法はもともと鼻の軟骨の形が良かった人がもう少しだけ

綺麗になるためにする方法になります。

そして鼻にフィラーや糸を入れることは、このような単純な鼻整形を

マネしようと行われるものです。

それでも完璧にマネすることができません。

フィラーであれ、糸であれどんな施術でも鼻先の形がこのような単純な隆鼻手術や

単純な鼻整形の結果にも達することができないからです。

例えば、自分の鼻が嫌いだけど`中の上‘以上にはなりたい、または

鼻はまあまあだけど、最上級に綺麗なスッとした鼻になりたい

このように自分の本来の鼻より2段階ほど飛び越えるくらい綺麗になろうと

思ったら、ほぼほぼ鼻中隔延長手術をしなければいけません。

しかしこれは、施術でマネできる部分ではありません。

あなただけできないんじゃないの??と言うかもしれませんが

本当に難しいです。

綺麗なことも大事ですが、この鼻中隔延長手術を一緒に含んで手術することが

自然な形でもあります。

絶対に鼻中隔延長手術をしろ、と言う訳ではありません!

少しでも綺麗になれば満足だ、鼻先は今でも綺麗だ、という方は

わざわざそれ以上のことをする必要はないでしょう??

なんでも簡単な手術ほど副作用は少ないじゃないです。

2.わし鼻のせい!

わし鼻は手術をしなければ、完璧に解決することが難しいです。

もちろん軽いわし鼻なら可能です。

個人的に弱めにわし鼻を矯正することが、「鼻フィラーの花」です。

色んな条件が合致しないといけないですし、何回も繰り返し施術しないと

いけないですし・・・。

何度も戻ってしまうので、そうしなければいけません。

「鼻フィラーの花」と言われるわし鼻矯正のフィラーの解説は次の

‘‘【鼻整形】一体何の整形をすれば良いの?第2段‘‘に続きます!


 

【鼻整形】一体何の整形をすれば良いの?第1弾に続き、第2弾になります!

今回はより鼻フィラーのデメリットについて他の医師の方の意見もでてきます。

ではさっそく見ていきましょう!

 

合わせて読みたい

>>毛穴やたるみ・むくみが気になるあなたに。韓国美容皮膚科の施術をご自宅で。韓国発美顔器が限定発売。

>>少しでも快適なダウンタイムを。カンナムドールが運営する美容整形後のアフターケアに特化した専門店『YEOSIN TIME』をおすすめ商品を見てみる。

>>【完全版】脂肪吸引後の圧迫着は必要?おすすめ商品や部位別・悩み別の対策を解説

 

手術ではなく、鼻を高くする施術の中でもやればやるほど後に鼻の手術が難しくなり

手術が難しいとされる条件になってしまう施術が、もしかしてあるのでしょうか??

【鼻整形】一体何の整形をすれば良いの?第1弾で出てきた鼻のフィラー以外は

全てその条件に当てはまります。

フィラーをしたあとで手術することだけが難しくなるのか?

これはフィラーではなく、他の非手術的隆鼻手術も難しくなります。

段々と条件が悪くなっていくと考えられます、私は。

私は鼻のフィラー以外は非手術的隆鼻手術をたくさんしているわけではないので

私が色んな経験を全てやった上でお伝えするのではありません。

なぜなら、私は長い目で見たときに良くないと思う施術をどこかで実験してみるわけには

いかないですよね。

なので、今回はほかの院長3人のお話を引用していきたいと思います。

3人の方たちはみなさん意見が違うので、これは皆さんが各自で判断していただければと思います。

私も尊敬し、たくさんの医師からも信頼されている方達のお話です。

ケース1

非ヒアルロン酸フィラーで鼻のフィラーを打つ、というやり方をする方です。

今は当たり前のようになってますが、当時は話題となったフィラーでした。

製品については伏せますが、価格もすごく高いフィラーでした。

今も高く、溶けないフィラーです。

その製品を実施した時、繰り返し施術をするのに無理はないのか一度聞いてみました。

なぜなら、そういった非ヒアルロン酸フィラーは初めの一回は大丈夫ですが

形を作り出すことが難しかったり、何度も受けて大丈夫なのか?

その方は地域をベースにされていて、ソウル内の交通の便が良いところにあり

患者さんが数か月ごと、1年ごとなど通院される可能性が高いです。

その院長先生のお話だと

当時ホットな長持ちするフィラーをした場合、その次に来て、またその次に来た時

「段々、中が硬くなってきて施術が難しかったよ・・・」と、おっしゃいました。

その方は施術もたくさんしてきて、腕のいい先生です。

私は最近、新しい材料が出ると少し保守的に対応しています。

なぜかというと、昔は新しい材料を先駆的に使用して良くないケースを何回か経験したため

新しいものが市場に出ると一旦は見守る方です。

施術の材料を選ぶ基準は様々です。その方も何かの理由があって選ばれたのでしょう。

ケース2

メジャーな病院の院長で、個人的にも付き合いが長い方です。

人柄も良い方です。

非ヒアルロン酸フィラーで鼻のフィラーや糸でした時、あとあと鼻整形するのが

難しくはないか?と聞いてみました。

この方は異物質を取り除き手術することはそれ程難しくはないと、おっしゃいました!

話を聞くと、溶けないフィラーや糸どれも大きな問題はないんだな、と感じました。

やはり、熟練者が手術をすれば大丈夫なんだなと思いました。

ケース3

韓国で鼻の整形または鼻の施術をして問題が起こったら、または何度か重ねた整形や施術で

鼻に大きな問題が起きて解決することが難しい場合

カンナム駅にあるシン○○医院に行くことになります。

鼻の手術も何度か重ねてやるうちに皮膚の拘縮が起こり、手術が段々難しくなる場合が

多いです。

鼻の手術は初めてという時が一番の好条件で、2,3回とやっていくうちに

条件が悪くなっていきます。

よって段々難しくなっていくと、この医院に依頼をすることになります。

こういった場合は、手術費も患者が出すわけではなく前の病院が出すケースが多いです。

以前通った病院からシン○○医院に依頼をするからです。

手術費もとても高い方です。

そういった病院で9年間常勤医として働いた院長が最近カンナム駅で開院され

打ち上げの時聞いてみました。結論的にこの方は

しない方がいいとのことでした。

良くないケースをたくさん見てきたと。この方は全国から難しいケースが

集まるような病院で仕事をされたので、そういったケースを沢山見てきたから

そういった結論になったのでしょう。

このような話から今回は結論は出さずに終わりたいと思います。

一度みなさんで判断してみてください。

ミーオンプレミアはスタッフが厳選した韓国コスメをどこよりも安く、お得に購入できる新しいカタチのコスメサブスクリプションサービス。韓国コスメを通販で買うならミーオンプレミア。

韓国コスメを安く買う