2022.01.05

「頬のフィラー注入」について韓国美容整形クリニック現役医師が解説!


韓国の美容外科ラレンクリニックのアルム先生が整形、施術の気になるアレコレを詳しく解説!!

今回は頬のフィラーについて。

顔がこけてきた??痩せたら顔まで痩せてきて寂しい印象になってしまった・・・。

そんな方たちにぜひ見てほしい内容になっています♡

 

合わせて読みたい

>>毛穴やたるみ・むくみが気になるあなたに。韓国美容皮膚科の施術をご自宅で。韓国発美顔器が限定発売。

>>少しでも快適なダウンタイムを。カンナムドールが運営する美容整形後のアフターケアに特化した専門店『YEOSIN TIME』をおすすめ商品を見てみる。

>>【完全版】脂肪吸引後の圧迫着は必要?おすすめ商品や部位別・悩み別の対策を解説

 

こんにちは、アルム先生です。

今回は気品が左右される頬のフィラーについてお話します。

ところで、頬というのは範囲も広く、ここもここも頬というので

患者さんとの話で意思疎通が難しい時があります。

今日は頬の中でも気品に関わる部分をピンポイントで紹介します。

ピンポイントで施術するとピンポイントで可愛くなるし、少ないフィラーで

費用も抑えられます。

 

頬のフィラーの概論

ある病院では目の下あたりを頬と呼ぶところもあるそうです。

実際、頬や頬骨みたいな一般的な用語が病院ごとに使われ方が違うので、けっこう混乱されるみたいです。

それで私の動画の中だけでも、用語を統一しようと思います。

まずは目の下から。涙溝、クマの部位とも言われますが

私の場合、施術は全体的にして涙溝だけするということがなく、涙溝を除いて頬骨だけする場合が

ほとんどないので私はここを単に目の下と呼びます。

それから側面の頬骨の下のところありますよね。

ここを横の頬骨と呼びます。

「横の頬骨のしたのところがくぼんだ」

これだと混乱したり誤解が起きたりしないネーミングですよね。

「目の下がくぼんでますね」

「横の頬骨がくぼんでますね」混乱が起きない呼び名です。

私が本当に重要と思っているラインがあります。

まさに頬骨から口元につながるラインです。ここがくぼんでいると、すごく品が失われるラインです。

ほおは頬ですが、私は前頬と呼んできました。

ほうれい線とともに、品の核心の部分だと私は強く主張します。

でも、前頬という呼び名が少し混乱や誤解を招きかねないので今回から

ここではハンスラインと呼びます。

では、このハンスラインについてもう少し説明します。

ハンスラインがくぼむとどうなる?

目の下やほうれい線が、ほぼすべての人に施術できるものだとしたら

ハンスラインの部位は特定の人だけが該当します。

 

特に私みたいにぽっちゃりさんには該当しないことが多いです。

 

芸能人で言うと、除隊してからハンスラインがこけてしまったZE:Aのグァンヒさん

海兵隊服務中の楽童ミュージシャンのイ・チャンヒョクさん、神話のキム・ドンワンさんなど

ハンスラインがくぼんでいる代表的な方々です。

 

この方たちの写真を検索すると、全部くぼんでいる訳ではないんです。

なぜなら、活動時期によっては肉がついたり落ちたりします。

それに、にっこり笑う時肉が上がるところがあります。イ・チャンヒョクさんみたいに。

 

また、写真でも画像編集とかをしてこのくぼんだところを編集で分からなくするような

そんな場合があります。

 

そのように比較できる写真があり見比べていると、品がある時となくなったなと感じるのが

分かるようになります。

また顔が全体的に痩せた人の中でもこのハンスラインが良い人は

WannaOneのカン・ダニエルさん、BIGBANGのG-DORAGONさんです。

 

この方たちはすごく気品のある顔立ちです。

なぜ女性の芸能人ではなく、男性の芸能人の名前を挙げるのか気になりませんか?

なぜなら、芸能人のほとんどの女性がこのラインが綺麗なんです。

 

くぼんでいる方がほとんどいません。あえて言うならば

After schooolカヒさん、ヒョナさん、Brown Eyed Girlsガインさんが

若干くぼんで見えるくらいです。女性芸能人は痩せて見えるとしても

この部分だけでは、ほとんど綺麗です。

パク・シネさんみたいに目の下がくぼんでる人はいても、このラインがくぼんでる方は

ほとんどいません。

女性芸能人は細くてもこのラインはみんな綺麗です。それだけ女性にとってこのラインは

重要な部分と言えますね。

 

頬のフィラー注入のメリット

目の下やほうれい線の部分は韓国の人はほとんどくぼんでいます。

特に学生の時からくぼんでいることが多いと言いましたよね。

それだけ目が慣れているから、そんなにおかしいと思いません。

 

ちょっとかわいくないとか、ちょっと老けて見えるとかその程度です。

 

でもこのハンスラインはある一定以上にくぼんでると、変な印象を与えます。

品というものが消えていきます。

また、ひどくくぼんでいると貧相に見えたり、病人に見えたりします。

さらに、ほうれい線がくっきりしてたり口が出てたり横の頬が目立つくらい出てたり

そんな人はハンスラインがもっとくぼんで見えるし、品が消えます。

逆にハンスラインが美しくなれば、これらのマイナス部分がずいぶんとカバーできます。

メリット

・品が出る

・口が出てても緩和される

・深いほうれい線がそれほど目立たない

・頬骨の出っ張りがカバーされる

(頬骨の骨自体も大きいけど頬骨周りの筋肉も大きい場合はそれほどカバーされません)

・比較的安全な部位

(絶対的に安全というわけではありませんが、比較的安全な場所です。空間が狭くなく十分に広いからです)

・望み通りの形に仕上がることが多い(他のところはボリュームが十分に出ないこともあります。頬は入れた分だけ

 膨らむことができます。鼻とかあご先なんかは空間が限られてるから人によって効果が変わります)

・長持ちする(他の部位に比べて1,2回でもよく持ちます)

 

フィラーに代わる他の施術の比較

垂れてるわけじゃなければ、比較的に外見の副作用は少ないし、やりやすい部位という認識から

くぼみに対しての施術方法は他にたくさんあります。

代表的にはヒアルロン酸ではないのに長持ちする脂肪移植、スカルプトラと比較していきます。

 

流行の流れなどもあり、高価なヒアルロン酸に代わるものは出てきていますが

ですが、このハンスラインはヒアルロン酸でも長持ちします。

それも1,2回打っただけでも持ちます。

なので長持ちさせるためにここにヒアルロン酸以外のフィラーを考慮する必要がない部分です。

コスト面、リスク面どちらの面でもそうです。

 

脂肪移植との比較

短所:どれだけ残るか?正確に予測ができないということです。

その人によって美しいラインはたったひとつです。フィラー注入はそのラインが出るか

否かを目で見て施術しますが、脂肪移植は予測も必要だしそれが間違える可能性もあり

祈らなければなりません。

 

スカルプトラとの比較

スカルプトラはヒアルロン酸のようなフィラーではなく、アメリカでFDA承認されたコラーゲン生成促成剤

注入することで体内のコラーゲンを再生し皮膚を盛り上げます。

スカルプトラも人によってどれだけボリュームが出るか分かりません。

 

個人差があります。これも祈りましょう。

費用もものすごく高いんです。基本的に癒着も起きますので私は好みません。

さあ、今日はこれまでです。

 

そんなカンナムドールが運営する美容整形後のアフターケアに特化した専門店『YEOSIN TIME』がこの度オープン!韓国老舗有名ブランドの圧迫着メーカー【C&C Medical】や、健康と美容を考えて作られた高級茶ブランド【延世本草堂】、アイシングなどアフターケアのグッズを多く扱う【DHmedicare】など日本初上陸のものばかり。韓国美容に興味のあるあなたなら一度は目にした商品も多いかも!?ぜひチェックしてみてください!

美容整形後アフターケア専門店へ進む