2022.01.10

【圧迫着完全版】脂肪吸引後の圧迫着は必要?おすすめの圧迫着や部位別・悩み別の対策を解説


脂肪吸引とは、顔や二の腕、太もも、腹部などの余分な皮下脂肪を吸引し取り除く美容手術です。

ダイエットでは難しい部分痩せが叶い、

手術部位はリバウンドしにくいことが大きな特徴で特に若い女性から人気の手術ですが、

手術後のダウンタイム期間にはいくつかの注意事項があります。

脂肪吸引は”手術が終われば終わり”ではなく、

手術後の浮腫・拘縮の解消、凸凹の予防のために、

一定の期間手術部位を圧迫をしなければなりません。

そこで必要なものが圧迫着ですが、「痛い」「いつまで着ければいいの?」といった悩みがつきものです。

今回は、アフターケアや圧迫着に関して悩んでいる方に向けて解説します。

 

合わせて読みたい

>>【韓国整形】「脂肪吸引」は韓国が安くて効果あり?《韓国VS日本》価格比較とクリニックの選び方について解説。

 

脂肪吸引後のアフターケア

 脂肪吸引は手術時にどれくらいの量の脂肪を吸引するかと同じくらい、

ダウンタイムの過ごし方が手術結果に大きな影響を及ぼします。

手術が無事に終わって一安心したいところですが、

仕上がりを決定する最後の工程と捉え正しいアフターケアを行うようにしましょう。

 特に吸引部位の圧迫は脂肪吸引後決して怠ってはいけない大切なアフターケアです。

脂肪吸引は無理やり脂肪細胞を取り除く手術であり、美しいラインを仕上げるのがこの圧迫期間となります。

 

脂肪吸引の原理と圧迫の重要性

 

圧迫の重要性を知るために、脂肪吸引手術の原理から説明していきましょう。

 脂肪吸引の手術方法にはいくつかありますが、

一般的には切開した皮膚からカニューレと呼ばれる細い管を挿入し、

管を動かしながら脂肪を吸引していくことになります。

 

この時脂肪細胞が排出された部分は空洞となり、麻酔液やリンパ液が溜まります。

脂肪吸引後に手術部位がパンパンに浮腫むのはこれらの水分が原因で、

手術で傷ついた繊維組織が再構築される前に早期で浮腫を改善し

組織同士がぴったりとくっつくよう助けてあげなければなりません。

 

圧迫を怠るといつまでも水分が抜けず、ボコボコのラインの原因になりかねないので

圧迫着を着用して正しい固定を行いましょう。

 

圧迫着とは

 

脂肪吸引後の圧迫は通常、医療用圧迫着で行います。

手術前に手術部位のサイズを測り適切な圧迫ができるようオーダーメイドのものを着用するのが望ましく、

多くの場合はクリニックと連携している業者が病院に訪問し、

手術が終わるまでに準備してくれるようなシステムになっています。

しかしクリニックで購入できるオーダーメイドの圧迫着だと費用が1万~2万円程度になるため、

十分な圧迫ができる市販の圧迫着を使用することも可能です。

圧迫着は手術後の仕上がりを決定するほかにも、

ダウンタイム中の痛みを軽減する役割がありますので必ず着用することをお勧めします。

 

部位別の圧迫方法

 

太もも

太ももの圧迫着には、膝上丈・膝下丈・くるぶし丈の種類がありますが、お勧めするのが膝下丈です。

太ももの脂肪吸引をした場合は浮腫みや内出血がふくらはぎ、足の指まで下りていくことが十分に予想されるので

少なくとも膝下丈までの圧迫着を着用するようにしましょう。衣類の下から見えることを気にせずより確実に圧迫をしたい人は

くるぶし丈のものを使用すると良いですが、着脱が煩わしくサボってしまっては元も子もないので気を付けなければなりません。

特に太ももの圧迫着はトイレの度に着脱をしなければならない為、どうしてもサボりがちになりますが

数週間は痛みに耐えてアフターケアを頑張りましょう。

 

二の腕・上半身・腹部・背中

上半身の手術部位には、腹部・ラブハンドル・二の腕・背中などがあります。

二の腕は太ももと同様、浮腫みや内出血が徐々に指先の方へ下りていくので、

前腕まで長さのあるものを着用するようにしましょう。

 

腹部は腹部のみ包むように圧迫するタイプがあり、

もし手術部位が2~3個所に及ぶ場合には上半身全体を圧迫するタイプを選んでも良いです。

長袖の服を着れば圧迫着がバレることもないので、着用したまま学校や会社にも行けちゃいますね。

 

顔の脂肪吸引といえばフェイスラインがメインです。

そのため、フェイスラインをしっかり引き上げ

固定する特殊なデザインの圧迫バンドを使用することになります。

 

以下の圧迫着もみてみてください!

その他にも、豊富な圧迫着があります。

—–

【C&Cmedical】
Frg13 フェイスサポーター

~Frg13の特徴~
1.顔のVラインを集中ケア
2.フェイスラインの管理用として自宅で簡単に使用できる圧迫バンド
3.脂肪吸引後+普段使いとして使用していただけます

 

 

手術後の浮腫みは首に下りていくので、首までカバーできるものであれば尚良いでしょう。

圧迫バンドは長い髪や帽子で隠すことはできますが、どこにでも付けていける訳ではないので

圧迫時間が短くなり易いです。

 

手術後すぐに圧迫着を着用するので、当日はロングスカートやワイドパンツなど

ゆったりとした服装を選ぶようにすると良いでしょう。

 

 

圧迫着はいつまでつければ良い?きつい・痛いときはどうする?

 

圧迫着の着用期間

圧迫期間まで含めると脂肪吸引のダウンタイムは長いと覚悟しておくのが良いかもしれません。

着用期間は一般的に手術後1週間は24時間、1か月までは12時間、その後3か月程は、

最低でも就寝時に着用することが推奨されています。

特に最初の1週間は集中して圧迫を行うことで、ダウンタイムの浮腫みや内出血を最小化してくれるので

ある程度の苦痛は我慢して続けるようにしましょう。

 

痛いときは?

手術から1週間は浮腫みがピークになる時期ですので、圧迫着の着脱に時間がかかったり、

痛みを感じることがあります。

しかしあまりにも痛すぎる時は、

血行が悪くなっている可能性があるので他の圧迫着を着用するようにしましょう。

 

血行が悪い状態では浮腫みが引かず、皮膚の再生も遅れるデメリットがあるので注意しましょう。

 

緩くなったらどうする?

浮腫みが引くにつれて圧迫着は次第に緩くなってきます。

緩くなった圧迫着をいつまでも使用していては、

効果は薄れてしまうので、圧迫着の上から着圧ソックスなどを重ねて使用したり、

ワンサイズ下のものに買い替え、適切な圧迫が維持できるように心がけましょう。

 

おすすめの圧迫着4選

C&Cmedical

韓国の脂肪吸引クリニックで最も多く使用されているC&Cmedicalの圧迫着。

韓国では脂肪吸引後の圧迫だけでなく、体型矯正用としても広く選ばれているそうです!

韓国国内には店舗がいくつかあり、サイズのお直しを含むASが充実していることも安心できますよね。

おススメポイント

1:脂肪吸引クリニックで選ばれている

2:韓国の店舗で無制限無償AS

3:圧迫着の種類が豊富

圧迫着の種類がとても豊富なので、自分に必要な部位の圧迫着が必ず見つかると思います。

 

>>C&Cメディカルのおすすめの圧迫着をみてみる

 

上記がC&Cメディカルの紹介です。

 

 

 

エデンメディカル(에덴메디칼)

 

 

エデンメディカルは既製品、オーダーメイドの圧迫着を

幅広く扱う医療圧迫着ブランドです。

生地は比較的薄手なのにかかわらず圧迫力は保証されているので、

上から服を着ても着ぶくれの心配がなく特に夏場の着用にお勧めできます。

韓国国内では最近最大3か月までレンタルできるサービスを開始したそうで、

脂肪吸引手術だけでなく、生理や出産などで浮腫みに悩む時期に手軽に利用することができます。

おススメポイント

1:自分に合ったタイプの圧迫着が選べる

2:薄手で着心地が良い

3:韓国国内では短期間のレンタルも可

 

エターナル

通販で購入可能なEternalは、しっかりした生地で着圧ができるのはもちろん、

圧迫着を着たままチャックを開くだけで用が足せるデザインになっています。ダウンタイムのストレスが半減します。

おススメポイント

1:前開き背系でトイレが楽ちん

2:厚手でしっかりとした生地

3:通販で手軽に購入できる

 

シンデレラウォーク

大手美容クリニック湘南美容外科が開発・監修した着圧ストッキングです。

実際に手術患者の声を製品に反映し、全て日本で製造されており品質にこだわっているそうです。

4段階高圧設計が足全体を適切に圧迫し、ゆがんだ骨盤にも矯正効果があることで人気です。

おススメポイント

1:湘南美容外科監修

2:耐久性に優れた生地を使用

3:骨盤矯正にも効果的

圧迫着の着用や期間については手術方法や吸引量などにより異なることがあるため、

必ず手術を受けたクリニックに確認してから行うようにしましょう。

 

おすすめの通販サイト

美容クリニックでもらったものでも「痛い」「使い勝手が悪い」「替えが欲しい」

といった悩みがある人が多くいます。

そんな方に向けて、おすすめのショップは、「YEOSlN TIME(ヨシンタイム)」です。

「少しでも快適なダウンタイムを過ごしてほしい」という思いから誕生した、

日本初、韓国の美容皮膚科・整形外科経験者がおすすめする、

韓国美容整形後のアフターケア商品専門ショップです。

圧迫着など美容整形後のダウンタイムに必要不可欠なアイテムが勢揃いですので、

ぜひみてみてはいかがでしょうか?

https://yeosin.jp/

そんなカンナムドールが運営する美容整形後のアフターケアに特化した専門店『YEOSIN TIME』がこの度オープン!韓国老舗有名ブランドの圧迫着メーカー【C&C Medical】や、健康と美容を考えて作られた高級茶ブランド【延世本草堂】、アイシングなどアフターケアのグッズを多く扱う【DHmedicare】など日本初上陸のものばかり。韓国美容に興味のあるあなたなら一度は目にした商品も多いかも!?ぜひチェックしてみてください!

美容整形後アフターケア専門店へ進む