2020.11.23

【韓国整形】目元のボトックス(効果・副作用・経過)を解説


目のシワが気になる、という方少なくないと思います。

今はマスクが必須な時代もあり、目元に目が行ってしまうことが多いですよね。

アイメイクでカバーできないところでもあります。

プチ整形としてボトックスが有効的ですが、どのように作用して副作用はどんなのが

あるのか韓国整形外科ラレンクリニックのアルム先生が目元ボトックスを教えてくれました!!

今回は目尻にボトックスをするとどうなるのか、経過と効果、副作用についてです。

眉間ボトックスは打っても表情はあまり変わりません。

正しく施術すれば変にはなりません。

しかし、他の部位は違います。

効果は出ますが、その効果自体が副作用を伴います。

副作用自体が効果です。

目尻の場合、笑顔が弱くなるそんな効果です。

弱く笑うからそれが副作用でもある、ということです。

目尻はどうしてそうなるのか見てみましょう!

目の周りには眼輪筋という筋肉があります。

この筋肉にボトックスを打ちます。

ピンク色の部分が筋肉のところです。

この筋肉が作るシワの中で一番大きくてはっきりできるシワがまさにこれです。

ここにボトックスを打ちます。

しかし、このシワだけならいいのですが、そういうわけにはいきません。

他のシワがあります。まぶたの上の方にできるシワが多いです。

また、まぶたの下にも多いです。ここのシワをみなさん嫌がります。

なぜ??前から見えるからです。

他のシワは角度上、横からしか見えませんがこの目の下のシワは

真正面からでもよく見えるから一番嫌がられます。

この目頭の部分にもシワがあります。

ここはもともと本にはボトックスを打つ場所とはなっていませんんが

少しずつでも、3~4回でも打てば打った人、打ってない人の差が

後で出てくるところです。

さて、問題は笑う時にほお骨が上がらないといけません。

でも、目の下やその真ん中に打つと頬骨が上がりません。

緑色の部分にボトックスを打つと、頬骨があまり上がらないんです。

そうすると、口だけ「に~」と笑うことになります。

ちょっと怪しい人になります。

なので、この緑色の部分にはボトックスは打ちません。

青色、赤色の部分にはボトックスを打ちますが、目の下の外側

ここは少しだけ入れます。

なぜなら、ここも多く入れていると頬骨が上がらないからです。

さあでは、年齢が高い人は目の下の真ん中に打たない理由が他にもあります。

黄色に色付けした部分、目の下に脂肪が浮いてくる人が多いんです。

そこの真ん中にボトックスを打つと脂肪を押す力が弱まります。

この脂肪は何に抑えられているかというと、ある膜みたいなものも

抑えてますが筋肉によって抑えられています。

ボトックスは筋肉を麻痺させますよね?

なので、この膜を抑えられず脂肪が浮き出てくるんです。

そうすると脂肪ももっとぷっくりして、クマももっとひどく見えます。

なので、ここも打ちません!!

別の問題は、この眼輪筋の範囲がすごく広いことです。

年齢が高い方だとここに描かれている部分にだけシワがあるんじゃなくて

このように外側にもシワがある場合が多いです。

顔の真ん中の部分だけ筋肉を麻痺させると、外側の力が残っていて

かえって、力が強くなることがあります。

 

目元ボトックスの経過

打ったらすぐに効果が出るんじゃなくて、3日後くらいから筋肉が緩んでいきます。

3週間ほどするとかなり力がなくなります。意図してたくらいまで緩みます。

目元の場合は約30%緩みます。眉間は70~80%ほど緩みます。

眉間はほとんど動かせなくても問題はありません。

でも、目元は70~80%動かせないと、かなり不自然です。

上記でも言ったように、口元だけ笑う怪しい人になります。

1ヶ月 筋肉が緩む期間

2ヶ月 力が戻ってくる

3か月 緩んだ筋肉のうちの80%戻ってくる

筋肉が元に戻るまでどのくらいかかるか?

4~5か月すると元に戻ります。

ただ、目標は筋肉の緊張を緩めたり戻したりではなく

力が入ることで、目元の皮膚が接してシワになることを

防ぐのが目標です。

でも80%や90%、100%の力が入るとずっと目元をぺちゃっとつぶしているのと同じです。

なので、80%くらいになるともう一度力を緩めて

ギュッとつぶされないようにしてあげるのがいいと思います。

なので、私の場合はボトックス期間を3か月程度としています。

 

目元の筋肉を30%緩めると言いましたが、その30%が正直

気に入らない場合もありましすよね。

「効果がない!」「もっと筋肉をなくしてほしい!」とか・・・。

でも、効果がいつ現れるかというと3日から1週間の間です。

前は1週間もすれば効果が表れたのに、今回は薄い・もっとしてくれと

言われもしますが、3週間まで待ってもう一度打つのが良いと思います。

なぜなら、最初の効果が出きってないのに途中で追加することになると

最初に打ったもの✙追加で打ったものの効果まで出てしまい

だれだけ筋肉が緩むか読めないからです。

この絵のようにスッと緩んじゃって(オレンジの線)

あれ??うまく笑えません泣

という状態になっちゃいます。

思うのに、追加で打つべき時期は3週間ほど待って

効果が十分に表れてから、追加で打つのが打つが良いと思います。

そういう方は、次打つ時はもう少しだけ量を増やして打つといいでしょう。

そうして打つと3か月後ゆっくり力が戻ってきます。

インスタグラムでもご相談を受け付けていますので気になることが

ある方はぜひ検索してみてくださいね♡

Instagram「@dr.alum 」

e-mail: alumdrtv@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなカンナムドールが運営する美容整形後のアフターケアに特化した専門店『YEOSIN TIME』がこの度オープン!韓国老舗有名ブランドの圧迫着メーカー【C&C Medical】や、健康と美容を考えて作られた高級茶ブランド【延世本草堂】、アイシングなどアフターケアのグッズを多く扱う【DHmedicare】など日本初上陸のものばかり。韓国美容に興味のあるあなたなら一度は目にした商品も多いかも!?ぜひチェックしてみてください!

美容整形後アフターケア専門店へ進む